【医薬品業界/3分でわかる】転職活動準備は最大のリスクヘッジ!求人を網羅するためのおススメ転職サイト3選

こんにちは。なーとし(@naaaaaaato2018)です。

「転職活動したいけど、色んな転職サイトを見ている時間がない!!」
「求人の全体概要を掴みたいけど、どこの転職サイトも同じような求人ばかり!!」

という悩みを解消するため、世に出ている求人を最短で理解するための転職サイト3選をランキング形式で紹介します!!

尚、「落ち着いてじっくりと転職活動を進めたい!」という方は、「【研究開発者向け】転職する際に、登録しておきたいエージェント5選」の記事をぜひご覧ください。

はじめに(自分は転職市場で魅力的な人材かどうか確認することの重要性)

現在の医薬品業界は、研究開発に関連する業務が細分化され、業界全体として分業化が進んでいるため、今後人材が流動的になっていきます。
(詳細は、「【転職のススメ?】研究開発者が流動的に動く未来」の記事をご覧ください。)

また、AIによる業務効率化はどんどん進み、業界全体でも単一の会社内でも再編が急速に推し進められているのが現状です。

みなさんもニュースや知人から、以下のような話を聞いたことはありませんか?

・A社の△△部門を○月末で閉鎖予定である。
・B社の××部門全体を子会社化する予定である。
・□□部門所属の従業員に対して、数百名の早期退職を募集した。

製薬会社全体としてスリム化に向かっているという現実を、まずは受け入れましょう。

「自分の会社だけは安全だ」という考え程、甘いものはありません。
自分の身は自分で守るしかありません。(会社は守ってくれません!!!)

でも、安心してください。事前の準備を行うことで、自分の身を守ることはできます。

「求人トレンドを把握し、必要時に転職活動を開始できる」状態を作ることが、リスクヘッジになります。

求人広告を出している企業側が掲載料を支払っているため、私たち転職希望者は無料でサービスを享受できます。ノーリスクでリスクヘッジできるのに、活用しないのはあまりに損です。。。

「転職サイトに登録しても必ず企業へ応募する必要はなく、まずは情報収集というスタンス」を、転職サイト側も理解してくれていますので、ぜひ登録してみてくださいね。

初めての転職サイト登録に不安な方は、「【初めての転職希望者向け】転職の流れを分かりやすく説明します」の記事もご覧ください。)

求人を網羅するためのおススメ転職サイト3選

以下でおススメしている転職サイトへ登録することで、医薬品業界における求人の8割程度は抑えられると思っています。理由は、3種類の転職サイトのターゲットがそれぞれ違うからです。(より多くの求人情報を得たい方は、「【研究開発者向け】転職する際に、登録しておきたいエージェント5選」の記事もご覧ください。)

ランキング形式で表示はしていますが、それぞれターゲットが違うため、3つのうち1つ登録すればいいわけではない点をご了承ください。
(このランキングは、転職サイトがターゲットとしている人材の母数が大きい順くらいに捉えてください。)

今の時代は2人に1人は転職しているのが現状です。

「転職の思考法」をみんなが読めば、”転職は当たり前”と思える世界ができるのでは?」の記事でも書いていますが、転職活動は自分の幅を広げるために非常に有意義な行動ですので、ぜひ一歩踏み出してみてくださいね。

(転職サイトへの登録方法が分からない方は、「【初めての転職者向け】転職サイトへの登録方法を解説します!(スクショ付き)」の記事もご覧ください。)

DODA

おススメ3ポイント!!
・企業規模が大きく非常に多くの求人情報を有しているため、求人トレンドを把握しやすい。
・面談担当者が特に丁寧で、自分が気付いていなかったニーズを引き出してもらえる。
・「天職のトビラ ~転職ノウハウ・読み物~」というメルマガが非常に役立つ。

パソナキャリア

おススメ3ポイント!!
・ベンチャー企業・中小企業の求人が多い。
・ベンチャーで裁量権高く、一気通貫で業務を行いたい人は登録必須。
・大手転職サイトが扱っていない求人情報が多く載っている。

ビズリーチ
BIZREACH

おススメ3ポイント!!
・会員制のため、Close案件を多く取り扱っている。
・ハイクラス限定と銘打っており、管理職や好待遇案件が多い。
・サイト内で繋がる転職エージェントの対応が手厚い印象。

合わせて読みたい!!

転職の流れを知りたい方向け⇒「【初めての転職希望者向け】転職の流れを分かりやすく説明します

「転職を絶対に失敗したくない!!」という方向け⇒「【初めての転職希望者向け】転職失敗例から考える、転職を成功させる方法!!

転職サイト登録後の面談に向けて準備したい方向け⇒「【初めての転職者向け】転職サイト登録後の面談を良いものにするための3ポイント

「転職を考えるのってそんな重要なの?」と思う方向け⇒「【転職のススメ?】研究開発者が流動的に動く未来