【研究開発者向け】転職する際に、登録しておきたいエージェント5選

こんにちは。なーとしです。

さて今回は、特に研究開発に従事している方向けに、おススメの転職エージェント5選を紹介したいと思います。

私も研究開発に携わっており、将来のキャリアや転職について、何度も悩んできました。

そこで20社近くの転職サイトを使用した結果、強くおススメできる転職サイト5選を選びましたので、信憑性は高いと自負しております。

このサイトが、研究開発職としてのキャリアに悩む人のサポート記事となれば幸いです。

私の選ぶ、登録しておきたいエージェント5選は、以下の通りです。

・DODA
・パソナキャリア
・リクナビ
・ビズリーチ
・JAC Recruitment

それではさっそく、それぞれをおススメする理由について、お話していきます!

尚、「仕事が忙しくて転職サイトに5つも登録してる時間ないよ!!」という方は、「【医薬品業界/3分でわかる】転職活動準備は最大のリスクヘッジ!求人を網羅するためのおススメ転職サイト3選」の記事をご覧ください!

DODA(とりあえず登録の定番!)

強み

企業規模が大きく、求人トレンドが把握できている
・エージェントが特に親身
・「天職のトビラ ~転職ノウハウ・読み物~」というメルマガが役立つ

企業規模の大きさと求人トレンドの把握力は比例していますので、転職活動をするうえで大手転職サイトへの登録は必須となります。

大手転職サイトの中でも、DODAのエージェントさんは一番情報提供が豊富でしたし、かつ自分でも気づいていなかったニーズを引き出してもらえたので、大変感謝しています。

弱み

ベンチャーの求人が少ない

特に、最近は大手会社の研究開発部門が縮小されているので、DODAだけを見てしまうと選択肢が狭まるかもしれません。

そのため、ベンチャーや中小企業しか選択肢にない方には、マッチする求人が多くない可能性があります。但し、DODAのエージェントは非常に優秀な方々ですので、自分の考えが市場と極端にズレていないかを確認するために相談するのは良いと思っています。

尚、DODAの登録方法の詳細については、「【初めての転職者向け】転職サイトへの登録方法を解説します!(スクショ付き)」の記事に書いておりますので、合わせてご覧ください。

DODAへの登録はこちら

パソナキャリア(研究開発者に特におススメ!ベンチャーに強い!)

強み

・ベンチャー・中小企業の研究開発の求人が非常に多い

大手転職サイトが取り扱っていないようなベンチャー・中小企業の求人が多く掲載されているので、ベンチャーでの研究開発を希望する方には、強くおススメしています。

【中小・ベンチャー企業志望者注目】大手の転職サイトへ登録すればいいってもんじゃない!!」の記事に詳しく書いていますが、大手企業と比べて人材採用にお金をかけづらいベンチャーや中小企業の求人は、大手転職サイトに出てこないことも多いです。
(大手転職サイトだと、マザーズ上場企業の求人も載ってこないくらいです。)

弱み

・大手転職サイトと比較すると、求人数は多くない

求人の絶対数を見てしまうと、大手転職サイトよりも少ないのは間違いないです。

そのため、大手で求人トレンドを把握しておくことが極めて重要になります。

蛇足ですが、ベンチャーのストックオプションは夢がありますので、自分に合うベンチャー企業を見つけられれば、ベンチャーへの転職はいいものだと思っています。(詳しくは「【会社員が大金を得る一番現実的な方法】ストックオプションを活用せよ!」の記事もご覧ください。)

パソナキャリアへの登録はこちら

リクナビ(グッドポイント診断がおススメ!)

強み

・大手のため、求人トレンドが把握できる
・グッドポイント診断よって、自分の長所が明文化できる

DODA同様、大手転職サイトですので、専門コンサルが多く在籍しているのも強みの1つだと思います。

また、職務経歴書の作成や面接対策をする際に、自分の特徴を一言で表せるキーワードは非常に重要ですので、グッドポイント診断をするためだけでも、リクナビに登録する価値はあります。
(せっかく登録するなら、リクナビのエージェントとも面談しておいた方が中長期的にはいいと思います。)

弱み

・ベンチャーの求人が少ない

DODAと同様ですね。大手転職サイトには大手の良さがあるので、上手く使い分けていくのが大事だと思います。

リクナビへの登録はこちら

ビズリーチ(ハイクラス限定で好待遇案件が多い)

BIZREACH

ビズリーチの特徴の1つとして、ビズリーチ内に多くのスカウト(ヘッドハンター)が在籍している点が挙げられます。

普通の転職サイトでは「1サイト1エージェント」ですが、ビズリーチでは「1サイト複数エージェント」というイメージです。イメージとしてはLinkedInに近いと思ってください。

強み

・会員制のため、Close案件を多く取り扱っている
・ハイクラス限定と銘打っており、管理職や好待遇案件が多い
・サイト内で繋がる転職エージェントの対応が手厚い印象

ハイクラス限定と銘打っているだけあり、高収入・好待遇の案件が多いです。
(とはいっても、割と通過しますので、ハイクラス限定という言葉に焦る必要はありません。)

取り扱っている案件はProject Managementや管理職が多いですので、現場から離れて管理職へのキャリアアップを考えている方へおススメの転職サイトです。

加えて、ビズリーチ内で繋がる転職エージェントは個人がやっているケースもある分、対応が非常に手厚いです。(内々の情報もこっそり回ってきたりするのは、大手にはない魅力だと思います。)

弱み

・一部の情報はプレミアム会員にならないと入手できない
・転職の方向性が決まっていない人にとっては不向き
・スカウトは成約を急ぐ傾向にある

新たな転職エージェントさんから連絡を頂いても、詳細情報や求人先の企業の情報については、プレミアム会員にならないと見れないことがあります。

「気にはなったのにプレミアム会員じゃないから見れないや・・・」とたまに思います。

しかしプレミアム会員の無料トライアル期間が設けられているので、必要なタイミングでトライアル期間を試して一気に勝負をしかければ問題ないです。
(求人を紹介しているエージェントさんと繋がれれば、あとはプレミアム会員かどうかは関係なく話を進めることができます。)

また、ビズリーチには多くのスカウトがおりますが、個人でやっている方も多いです。会社の後ろ盾がない分、個人の方は転職の成約を急ぐ傾向にあります。転職における自分の方向性が決まっていないと、スカウトに良いように言いくるめられてしまうので、お気をつけください。
(大手転職サイトでも成約を急がれるケースはあるので、他のサイトを活用する際も、お気をつけくださいね。)

ビズリーチへの登録はこちら選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

JAC Recruitment(外資系企業でハイキャリアを目指す人向け)

強み

・ハイキャリア対象のため、高収入案件が多い
・管理職案件が豊富

一個上で紹介したビズリーチと似ていますが、JAC Recruitmentは外資系企業の求人に強いのが特徴です。
日本に進出したばかりの世界的大手の企業求人を取り扱っていることもあり、意外な求人と出会うことができます。

加えて、エージェントからレコメンドされる形式のため、提示された求人情報内で探すことができるのも、魅力的な点です。

弱み

研究開発の案件は少ない
・自分で好きなように求人を検索することができない

管理職向けの案件が多い分、純粋な研究開発職の案件は少ないです。管理職へのステップアップを考えている方は、ぜひ登録しましょう。

JAC Recruitmentの登録はこちら

最後に(利用料はタダなので即登録しましょう! 求人が逃げちゃいます!)

いかがでしたでしょうか。

私の経験を下に、おススメの転職サイトを紹介させて頂きましたが、ご自身のニーズと合致する転職サイトはありましたでしょうか?

1点注意して頂きたいのは、”求人は非常に流動的である”ということです。
(ある日、自分が「いいな~」と思っていた求人が締め切られているというのは日常茶飯事です。。。)

ですので、すぐに転職する気はなくとも、早めに転職サイトへ登録することをおススメします。

早めに登録することが、自分の求める仕事を見つけられる可能性が高いです。
(但し、転職成約を急がされるケースだけには気を付けてくださいね。)

また、多くの転職希望者は色んなサイトを比較した上で求人に応募したいと考えているので、複数のサイトに登録するのが一般的となっています。

この記事が、いい転職を始めるきっかけになれば幸いです。

合わせて読みたい!!

【初めての転職希望者向け】転職失敗例から考える、転職を成功させる方法!!

【初めての転職希望者向け】転職の流れを分かりやすく説明します

【まとめ】働き方・転職活動に関する記事のサイトマップ