【5分で読める/職場でのうつ病経験者が伝える】仕事が辛い時「タダで」乗り越える方法

この記事を読んで頂ける方へ

「お仕事お疲れ様です。」

今、とても苦しんでおられるのではないでしょうか?

私にはその気持ちが痛いほど分かります。

なぜなら、私も職場でうつ病を発症するほど追い込まれていたからです。
(下の写真は精神科受診時の診断書です。)

そのような環境の中から、以前の私はどうにか復活することができましたので、その経験を現在苦しんでいる方々にお伝えすることで、皆さまが次の一歩を踏み出せるきっかけとなりましたら幸いです。(当時私がうつ病で苦しんでいた記録は、「新卒1年目で鬱病になってから復活するまでの軌跡を語る」の記事に記載しております。)

追い込まれていると、頭なんて回らない(胃痛、動悸だって発症してしまう)

「仕事が辛い」
「仕事を辞めたい」

そんな思いを、「仕事は辛いものだ」と自分に言い聞かせて日々頑張っておられるのではないでしょうか?

「上司から怒られて悲しい、怖い」
「萎縮してしまい、当たり前のことができない」
「ビクビクしてしまって、頭が回らない」

これらを我慢して日々を過ごしているうちに、「胃が痛い」、「動悸がする」、「食欲がなくなる」、「眠れない」などの症状が出てきている方もいらっしゃると思います。

これがさらに深刻化していきますと、うつ病を発症する可能性が出てきてしまいます。

「なんのために生きているんだろう」
「私が生きる意味ってなんだろう?」

と思ったら、危険信号です。

苦しんでいた当時の私は、帰宅中にふと涙が溢れたことで危機感を覚え、精神科を受診し、薬を処方されることで多少改善いたしましたが、できれば精神科を受診する前に、この苦難から解放されたいですよね?

ただ、じっと我慢していても状況は好転しません。

この泣くほどの苦しみから解放されるため、第一歩を踏み出しませんか?

安心してください。

皆さんと同じ苦しみを感じていた私が、乗り越える方法を一から丁寧に説明していきます。
手順、よくある質問、どんなことに気をつければいいかなど、失敗の芽を摘むように工夫して説明していますので安心してください。

第一ステップはたったの10分で完了します。

「仕事を楽しめる未来」
「明日会社に行くのが楽しみな未来」

そんな未来を簡単に掴むチャンスはあります。

あと1ヶ月間だけ頑張れますか?

これまで雄弁に語ってきましたが、1つ謝らなければならないことがあります。

第一ステップの完了後、成果が出るまでには、多少の時間が必要であるということです。

必要な期間は最低1ヶ月です。

「最低1ヶ月間、苦しい日々の中であと一歩を踏み出すことができる人」であれば、きっと未来は変えられます。

あと1ヶ月間、少なくなってきた気力を振り絞って駆け抜けることができれば、きっとあなたの人生はいい方向へ進みます。

しかし、あと1ヶ月を頑張れずに挫折し、辛い思いをしながら働き続けている人がいるのも事実です。

でも大丈夫です。

あと1ヶ月をできるだけ効率的に乗り越えるためのアドバイスを丁寧に書きましたので、以下を読んで頂ければ、きっと乗り越えられると思います。

あと1ヶ月だけ、頑張ってみませんか?

会社の環境を変えるのは難しいけど、自分の環境は簡単に変えられる

今の職場で何か特定の仕事(英語、事務処理、営業等)ができないだけで、追い込まれていたりしませんか?

みんなが当たり前のようにできている仕事が自分だけできなくて、落ち込んでいませんか?

自分があまり得意でない仕事を多くこなさなければいけない職場で働いていませんか?

そんな時は一度、

「本当にこの職場で働き続ける必要があるのだろうか?」
「自分にもっと合う、他の会社があるのではないか?」

と、『今の会社から抜け出す道』を考えてみてください。

今の会社の環境を変えるより、自分の環境を変えてしまう方が簡単だと思いませんか?

責任感の強い方は、「自分が抜けたら仕事に穴が空いてしまう」と考えてしまうかもしれませんが、そんなことを考える必要は一切ありません。

幸か不幸か、人が抜けても上手く回るように社会は作られていますので、今の勤め先への心配は無用です。

「転職の思考法」をみんなが読めば、”転職は当たり前”と思える世界ができるのでは?」の記事でもお話していますが、今や2人に1人が転職する時代ですので、現在勤めている会社に固執する必要は一切ありません。
(今はどこも人材不足なので、「どこも自分を雇ってくれないかも」と悲観する必要も一切ありませんので、ご安心ください。)

最近は複数回の転職が当たり前になってきており、転職に対してネガティブな感情を持つことは、もう過去のこととなっています。

大事なのは転職することではなく、「転職する可能性がある」という選択肢を持つということです。

「転職する可能性がある」という選択肢を持つことで、

「今の職場にずっといる必要はないんだ」
「いざという時は、いつでも飛びだせるんだ」

と思えるので、精神的に非常に楽になります。

体験者が言うのだから、ほぼ間違いありません。

ですので私は、第一ステップとして「とりあえず転職サイトに登録してみる」ことをおススメします。
(転職活動自体は無料(タダ)で行うことができますので、とりあえずの一歩を踏み出しても全く問題ありません。)

「転職サイトへの登録ってめんどくさいな。」と思うかもしれませんが、ここで何も行動しないと、また同じ日々が明日も続きます。

動かないことがリスクなのではないでしょうか?
ここで行動を起こすか、「ふ~ん」で通り過ぎるかで、人生は全く違うものになります。

自分を変えるきっかけを掴みたい方に向けて、これからお話してまいります。

とりあえず登録しておきたい転職サイトはココだ!

会社、職場、仕事が本当に辛くて苦しんでいる時に一番やってもらいたいことは、「自分の話や悩みを聞いてくれて、そんな自分にぴったりのアドバイスや求人情報を教えてくれる」ことじゃありませんか?(欲張りすぎですかね笑)

実はそれができる転職サイトの数はあまり多くありません。
(「【中小・ベンチャー企業志望者注目】大手の転職サイトへ登録すればいいってもんじゃない!!」の記事でもお話していますが、面談者のノルマが厳しい転職サイトでは、自社利益のためだけに案件を紹介されてしまうケースがあるからです。)

面談者の質が高くて、転職希望者に寄り添って話を聞いてくれて、良質なアドバイスをもらえる大手転職サイトとして、DODAを紹介させて頂きます。

私自身数多くの転職サイトに登録して面談を行って頂きましたが、DODAがずば抜けてよかったです!!

規模が大きく、求人情報が豊富

リクナビと並ぶ大手転職サイトですので、求人情報が非常に豊富です。

”企業の大きさと、求人トレンドの把握力はほぼ正比例します”

そのため、特に転職未経験の方は大手の転職サイトへの登録は必須になります。

リサーチが好きな人は、ぜひ登録後に求人情報を調べてみてください。
情報が非常に多いですが、これだけ多いと自分の求める職場もきっとあるに違いないと思えるようになります。

面談のプロが自分の話を懇切丁寧に聴いてくれる(体験を踏まえて)

数多くある転職サイトの中でも、私がDODAを一押ししている理由は、ここにあります。

新卒1年目で鬱病になってから復活するまでの軌跡を語る」の記事にも書いていますが、私は新卒入社した年の秋頃、鬱病を発症しかける状況まで追い込まれていました。

そして助けを求めるため、多くの転職サイトに登録し面談を行ってきました。

しかし、多くは「少なくとも2年は続けてもらわないと、いい案件ないですよ。頑張ってください。」という塩対応でした。

そんな中、DODAの面談担当者さんは、根気強く私の話を聴き、ニーズを引き出して頂き、できる限りのサポートをして頂きました。

私たち転職希望者にとっては、転職サイトにどれだけ多くの情報が載っていたとしても、面談担当者さんからの丁寧なサポート無しには、情報を活用するのは難しいのです。

上記のような体験も踏まえて、私はDODAの活用を強くお勧めしています。

(転職サイトへの登録方法が分からない方は、「【初めての転職者向け】転職サイトへの登録方法を解説します!(スクショ付き)」の記事もご覧ください。)

▶DODAへの登録はこちらから

よくあるQ&A

ここではよくある質問に対して、答えていきたいと思います。

登録料金や利用料金はかかるの?

ご安心ください。無料です。

DODAは、求人広告を出したい企業が広告料・仲介手数料を支払うことで収益を得ています。

そのため、私たち転職希望者達は無料で転職支援のサービスを享受できます

転職の流れを理解する際には、「【初めての転職希望者向け】転職の流れを分かりやすく説明します」の記事もご覧になってください。
(この記事の最後にあります「合わせて読みたい」タブに転職の流れを理解するのに必要な記事を置いていますので、ご参考までに。)

転職サイトに登録したことは、自分の会社にばれないの?

ほぼ、ばれないと思っていいです。

どこの転職サイトも同様ですが、登録時に自分の現在の勤め先を入力します。

そのため、転職サイトを活用する企業の人事担当者の画面には、転職サイトに登録されている自社従業員は表示されないようにシステムが組まれています。

「ほぼ」と私がいっているのは、転職サイト側の人間ではなく、自分の目で確かめることができないからです。ただ、多くの転職サイトでは、上記のシステムは構築されていると理解していますので、安心して転職サイトを利用してくださいね。

登録したら、絶対に転職しないといけないの?

必ずしも転職する必要はありません。

現在の私は今すぐの転職を考えていない状況ですが、求人トレンドの把握や、いつでも会社を飛び出せる準備(笑)もかねて、登録しています。

「今すぐの転職を考えていない」方も、「より良い職場があれば転職したいな」というお考えがあるなら、とりあえず登録することをおススメしています。(ノーリスクだからこそできることですね。)

▶DODAへの登録はこちらから

最後に(「今度でいいか」と思った、あなたへ)

「転職サイトに登録したほうがいいのはよくわかりました!今度登録しよう!」

と、思った方に伝えたいことがあります。

「また、同じ生活に戻るんですか?」

この世の中には、リスクを取らなければ成し遂げられないことがたくさんあると思います。

そんな大変な世界に生きているにも関わらず、ノーリスクでチャンスを掴める可能性がある「転職サイトへの登録」を後回しにするようであれば、この先の人生を好転させるのは難しいかもしれません。

ノーリスクで掴めるチャンスがあるなら、ぜひ一歩を踏み出してほしいと思います。

やったことがないことは怖いですが、やってみると案外たいしたことはないものです。

転職サイトに登録した後に、「やっぱり転職したくないな。」と思うのであれば、転職しなければいいんです。

「絶対に失敗したくない!!」という方向けに、「【初めての転職希望者向け】転職失敗例から考える、転職を成功させる方法!!」の記事も作成しました。

このサイトが、「今の職場よりも良い職場があるんじゃないか」と思って、転職サイトへ登録するきっかけとなれば、幸いです。

より良いキャリアを作るために、一緒に頑張りましょう!!

(転職サイトへの登録方法が分からない方は、「【初めての転職者向け】転職サイトへの登録方法を解説します!(スクショ付き)」の記事もご覧くださいね。)

合わせて読みたい!!

転職の流れを理解するにはコレ⇒「【初めての転職希望者向け】転職の流れを分かりやすく説明します

転職サイト登録後の流れを理解するにはコレ⇒「【初めての転職者向け】転職サイト登録後の面談を良いものにするための3ポイント

中小企業やベンチャー企業への転職に興味がある方向け⇒「【中小・ベンチャー企業志望者注目】大手の転職サイトへ登録すればいいってもんじゃない!!