【英語ができるだけじゃない】英語/英会話学習によって起きたポジティブな変化(仕事編/プライベート編)

こんにちは。なーとし(@naaaaaaato2018)です。

今回は、留学経験無しの私が、1年半以上継続してきた英会話学習によって起きたポジティブな変化について書きたいと思います。

「多少なりとも英語を読んだり話したりできるだけじゃないの?」

と思われる方も多いと思いますが、違うんです。

英語が多少できるようになること以外にも、英語学習にはメリットがたくさんあるんです。

今回は私の体験を通じて、英語/英会話学習をするメリットについてお話していきたいと思います。

尚、私がお勧めしているオンライン英会話については、「【英会話初心者向け】格安で多くを学べるオンライン英会話のおすすめ紹介」をご覧ください。

仕事編

①自分に自信がつく

私がこの記事で伝えたいことの95%はここに集約されるかもしれません。

英語に限った話ではないですが、何かを達成した経験というものは、人に自信を与えます。

(英語学習で起きたポジティブな変化と題しているのに、別に英語じゃなくてもいいといういきなりの矛盾。。。笑)

例えば私の場合ですと、今後の転職活動も見据え、TOEIC860点を超すことを目標にしました。

計画をしっかり立てて自分の伸ばすべきポイントを定めたところ、2ヶ月間の勉強でTOEIC885点を獲得することができました。
(詳しくは、「【TOEIC勉強法】会社員しながら2ヶ月でTOEIC780点⇒885点獲得した勉強法を公開します」の記事をご覧ください。)

「自分もやればできるんだな」と思えることが自己肯定感に繋がり、自信の獲得に繋がります。

やはり何かしらの目標を達成したという経験は、自分に自信を与えてくれて、全体的にプラスの効果を及ぼすと思います。

実際に自分に自信が多少なりとも持てるようになると、他のことへ取り組む際のハードルも下がりますし、周囲の人接す際も、堂々と話すことができます。

それが相手からの好印象獲得に繋がって、新しいことに取り組むきっかけに繋がるという好循環を呼び込むのだと思います。

ここで1つ注意なのは、他人と比較せず、自分の成長にのみフォーカスを当てることです。

記事のタイトルに”【英語ができるだけじゃない】”とか書いてますが、私自身留学経験は無いですし、私より英語ができる人が世の中にたくさんいることなんて百も承知です。

「英語を学びたい」とか、「◯◯ができるようになりたい」とか思って何かを頑張ろうとする人は、おそらく自分よりも圧倒的に何かができる人を見て凹んだり、悔しい思いをしてると思うんです。

それはそれで重要な外部刺激なんですけど、それに捉われすぎると、いつまでも自己肯定感が高まらないんですよね。

他人と比べていたら、いつまでも自分の成長を喜べないし、自己肯定感が高まることもありませんので、「自分が成長したかどうか」を意識したほうが良いと思います。

特に「今は特にやりたいことないなぁ」なんて思っている方には、英語も話せて自分に自信も持てて一石二鳥なので、目標を定めた英語学習をお勧めしています。

②周囲のメンバーから頼ってもらえるきっかけを作れる

仕事を心地良く進めていくためには、周囲のメンバーと信頼関係を構築できていることが非常に重要です。

そして私は、「周囲の人間から信頼を獲得するたった1つの方法」の記事で、他者からの信頼獲得のためには、相手の予想を超えた成果を提供することが重要だと書いています。

「相手の予想を超えた成果」というと難しく聞こえてしまいますが、それが簡単にできるのは実は英語なんです。

「誰かが英作文に困っている時」、「いい英語表現が思いつかなくて困っている時」

それは、周囲のメンバーから頼ってもらえる絶好のチャンスです!!

「英作文や、いい英語表現が思いつかなくて困っている人」は、既に視野が狭くなってる状況ですので、あなたの小さなアドバイスだけでも、相手の予想を超すことができるんです。

それを1つのきっかけにして、周囲の人間から信頼を少しずつ獲得していくことができるようになります。

特に英語は仕事やビジネスという言葉と結びつきが強く認識されていますので、英語が多少できるというだけで、錯覚資産が活かされ、仕事ができる人と思わせることも可能になります。
(私は治験に関する仕事をしていますが、そこでも錯覚資産を活かすことができていると感じます。詳しくは、「【臨床開発職】今後臨床試験を行う上で、生物学の理解が必須となる!(今のうちに錯覚資産を活用しよう!)」の記事をご覧ください。)

③一次情報にアクセスしやすくなる

【初めての疾患を勉強する方向け】最速で最先端の情報までcatch-upできる方法!!」の記事にも書いていますが、今の時代、最先端の情報の多くは英語で公開されていることが多いです。

もちろん大事な情報であれば、どこかのメディアが日本語に訳して公開しますが、どうしてもタイムラグが発生してしまいますし、全ての情報が日本語に翻訳されるわけではありません。

情報格差が広がる現在の社会において、英語を駆使して一次情報にアクセスできる能力というのは、実は非常に重要なのです。

プライベート編

①海外旅行がより楽しくなる

いきなり話は変わりますが、部活やサークルに入って、活動に必要な物(ラケット、ボール、バット、ユニホーム、楽器等)を買った時、テンション上がって早く使いたいと思いませんか?

スノボをする時だって、自分のボード持ってた方がより楽しみになりませんか?

それと一緒で、英会話を勉強すると、勉強した英語を使える環境に行くのが楽しみになるんです笑

現地の人との交流を楽しんだり、お勧めの料理やお店を聞いてみたり、値引き交渉をしてみたりと、ただでさえ楽しい海外旅行に更なる彩りを加えることができます。

尚、海外での英会話に不安を覚える方は、「【DMM英会話利用者向け】話す内容に困らない!気分で選べる会話のネタ!!」中の”海外旅行に備えて英会話の練習がしたい!(レッスン内容:トラベル/文化)”の項目も合わせてご覧ください。)

②外国人に道を聞かれても焦らない

家族、友達、彼氏彼女と一緒に街中を歩いている時に、ゲリラ的に発生するイベントですよね。

できることなら、スマートに対応して、余裕のある人を演じたいものです…!!
(特に彼女の前でかっこつけたい男性諸君!!笑)

私も都内を歩いていると、そういうことに出くわすことがあります。

そんな時にも日頃の努力は裏切らないもので、スマートに道案内できたのは本当に良かったです。

このケースは海外旅行へ誰かと一緒に行く時にも当てはまりますね。

③友達が増える(出会いも増える)

意外にも友達が増えるんです。

例えば、私は「Meetup」というアプリを使って、たまに英語学習者向けの交流会に参加をしています。

交流会と言っても形は様々で、「ひたすらみんなで英語を話し続けるお話会」もあれば、「日本語の勉強をしたい外国人と英語を話したい日本人が、日本語と英語をお互いに教え合う会」もあります。

私は後者のお互いに教え合う会に参加していますが、自分と全く違う環境で育った人と知り合う良いきっかけになっています。

同じ日本人であっても、育ち方、職業、価値観が全然違っていて、英語を学びたいという思い以外は何一つ共通点がないんじゃないかと思うこともあります。

世界の広さを感じずにはいられませんでした。

そんな体験もあって、英語を通じて友達を増やすことができました。

自分の英語能力向上にもつながりますので、Meetup等を通じて、交流会に参加することもおススメします!!

最後に(英語を勉強すると、人生がポジティブに好転する)

いかがでしたでしょうか?

「英語を勉強したって、英語が少し話せるようになるくらいじゃないか!!」という考えは、違うということがお分かり頂けたでしょうか?

私がこの記事でお伝えしたかったことは、「英語を勉強すると、自分の人生がポジティブに好転していくよ!!」ということなんです。

(極論を言えば、英語でなくとも、何かしらの成功体験を積み重ねていくことで、人は自己肯定感を高めていくことができると思います。)

この記事で私が話に出しているDMM英会話に関しては、「【英会話初心者向け】格安で多くを学べるオンライン英会話のおすすめ紹介」の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

ではではまた~。